ー 株式会社フォレストブック ー

お問合せ・介護のご相談なら
Thirty two グループ > 会社案内

会社案内

『自分たちが通いたくなる事業所』を創りたい。
『ただいまっ!!』
そんな風に通ってもらえる居場所を創りたい。

代表挨拶

2002年に福岡ソフトバンクホークスに入団。9年間選手としてプレーし、2012年に引退。その後株式会社フォレストブックを立ち上げました。
野球選手は地域やファンの方々に支えて応援して頂き、パフォーマンスをする仕事。
だからこそ、野球を引退した後は地域の方々に恩返し出来るような仕事をしたいと思い、介護事業を始めました。
実際に介護事業を始めて、なぜこんなに人気がない職業なのか、正直驚きました。
ご利用者様のそばに寄り添い、『楽しみながら生きる』お手伝いをさせて頂く、そんな素晴らしい仕事なのに、まだまだ世の中での人気度は低いです。
ハッキリ言って3Kと言われる職業です。それを私たちは変えていきたい。

超高齢化社会において、介護の仕事は今後益々求められていきます。
だからこそ、私たちは、ご利用者様が毎日通いたくなる、「ただいまっ!」て言いたくなるような第二の家を創っていきたいと思います。
そうすることで、きっとこんな風に働きたい、と思ってもらえる職業に、子供たちが憧れる職業に繋がるのではないかと思います。元プロ野球選手ということが、一般の方々に興味を持ってもらえるきっかけの1つになる。
だからこそ、当社にしかできないことが多くあると思っています。
まだまだこれからですが、
「あそこに行けば、日本一幸せにしてくれるね」
そんな風に地域の方々から愛される日本一の会社に成長していきたいと思います。

経営理念

●ミッション…「実現したいこと」=「社会」×「WILL」 (社会に対してこうしたいという目的)

小さな「楽しさ」を見出し、小さな「感動」を創り出そう。
関わる全ての人の人生を「意味のあるもの」にし、憧れられる存在になろう。
「安心・安全・信頼」を通じて地域社会に貢献しよう。
小さな「楽しさ」を見出し、小さな「感動」を創り出そう。
仕事においても人生においても、毎日が小さな楽しさに溢れています。しかし残念ながらそこに気付かず、愚痴を言ったり他者のせいにしたりと、たった一度の人生を無駄に過ごしてしまう人も多くいます。ほんのちょっとした毎日の楽しさや喜びに気づき、心が躍る。そういう姿勢が「人としてあるべき原点」ではないかと思います。またそういう小さな楽しさに気付ける人だけが、周囲の働く仲間や利用者様、ご家族様、取引先企業様に対して、小さな感動を創り出し提供できる人ではないかと思います。わたしたちはそういう集団でありたいと思います。
関わる全ての人の人生を「意味のあるもの」にし、憧れられる存在になろう。
「あなたに出逢えて良かった。」そう言って頂けることがわたしたちの存在意義だと思います。
利用者様やご家族様から、「あなたに出逢えたことで、毎日が楽しく面白く、人生が豊かになった」と。
取引先企業様や共に働く仲間から、「あなたと一緒に仕事ができて面白い、嬉しい。」と。
地域社会の皆様から、「あなたのいる事業所に行ってみたい。」「あなたみたいな仕事がしてみたい。」と。
高い志や目標を持ち、日々邁進することで、周囲の皆様から愛され、憧れられる集団でありたいと思います。
「安心・安全・信頼」を通じて地域社会に貢献しよう。
仕事の基本は安心・安全です。そしてそれを愚直に真摯に実践することで信頼へと変わります。わたしたちは、地域の皆様に支えられ応援して頂くことで事業をさせて頂いています。決して奢らず、慢心せず、「地域の方々に何をお返ししていけるのか」を常に考え実践し続けることで、地域社会に貢献していきます。

●ビジョン…「なりたい姿」=「組織」×「WILL」(組織としてこうなりたいという状態)

わたしたちはミッションを実現することで、
地域社会に認められ、介護職を「なりたい職業=人気職」へと変えていきます。

●バリュー(行動指針)…「あるべき姿」=「組織」×「MUST」(組織としてこうあるべきという姿勢)

1.情熱
わたしたちは、自分の成長を信じ、誰よりも熱い想いを持って成果を出し続けます。
2.努力
わたしたちは、自分の限界を決めず、小さな成功を繰り返し積み重ねます。
3.素直
わたしたちは、素直な気持ちを持ち、「出来ない理由ではなく出来る方法」を考えます。
4.感謝
わたしたちは、人として互いの人生に関われたことに感謝の気持ちを持ち、喜びとします。
5.成長
わたしたちは、昨日の自分を振り返り、常に「当たり前」のレベルを上げていきます。
6.挑戦
わたしたちは、現状に満足せず、常識に縛られることなく、常にチャレンジし続けます。
7.尊敬
わたしたちは、共に働く仲間に思いやりを持ち、お互いに切磋琢磨し続けます。
8.プラスワン
わたしたちは、周囲からの「期待」を超えるプラスワンを常に行動します。
9.プロフェッショナル
わたしたちは、「自分なりの努力」ではなく、周囲からプロとして認められる言動を実践します。
10.エンターテイメント
わたしたちは、心からの笑顔と喜びを大切にする、「バカが出来る」エンターテイナーを目指します。

会社概要

会社名 Thirty Two グループ
所在地
■デイサービス ホープ32
大阪市港区港晴3-1-3
■リハビリ特化型デイサービス プログレス32
大阪市西区九条南1-2-20 ドーム前いずみビル1階
■ケアプラン事業 ホープ32 ケアプランセンター
大阪市港区弁天三丁目3番23 アバンセ弁天201号
連絡先 電話:06-6599-0766
事業内容 介護事業運営、デイサービス、ケアプランセンター、ヘルパーステーション、有料老人ホーム
代表者 森本 学
設立 2012年2月
提携企業
■株式会社S&T
福岡県糟屋郡新宮町緑ヶ浜2-12-1

歴史

2012年02月 株式会社フォレストブック 設立
2012年04月 デイサービス ひより32(現デイサービス ホープ32) 開業
2012年08月 ひより32ケアプランセンター(現ホープ32 ケアプランセンター) 開業
2014年12月 リハビリ特化型デイサービス プログレス32 開業
2016年07月 株式会社ウッドランドブック 設立
2017年03月 住宅型有料老人ホーム ボヌール32 開業
ボヌール32 訪問介護 開業
2017年07月 障害福祉サービス 居宅介護・重度訪問介護 開業(ボヌール32訪問介護)
会社案内
採用情報